【ロカボ生活】日ごろ常備している食材を紹介します。

肉屋さん ロカボ
この記事は約8分で読めます。

ロカボを始めて3週間くらい経ったと思います。

今のところ、お腹や太ももなどの気になっていた部分がどんどんスッキリしてきています。


私の場合は短期の大食いでむっちりしてしまったので落ちるのも早いのだと思いますが、もう少ししたらそれも止まるかなーと思ってます。ただ、

・食後の眠気がない

・タンパク質をきちんと摂取してる安心感

・メンタルも安定してきた感じがする

などの理由から、今後も続けていく気でいます(ちなみに、家族は別にロカボじゃなく、普通にご飯やうどんも食べてます)。

そんな私が、日ごろどのような食材を備蓄しているか、どういう風に調理しているかなど、ざっくりとお伝えできればと思います~。そんなに大したものは買ってないよw

月に1~2回ペースで買ってるロカボ食材

Amazonの炭酸水

最近、Amazonブランドのものが出てきてますね~!先日、炭酸水を安くまとめ買いしようと検索してたら、Amazonの炭酸水が安かったんで注文しました。

500ml40本入りで、大分の阿蘇の水を使用してるらしいです。阿蘇って熊本じゃないの?県境?

無糖で、変な癖もなく飲みやすいです。これはロカボっていうより水分補給のためと無駄な食欲を紛らわすために買い置きしてます。

近所のスーパーで売ってるお茶パック(ノンカフェイン)

スーパーのPB商品になっている、19種類くらい混ざってるお茶。十六茶みたいなものの水出しパックになってるやつを、つねに冷蔵庫に作り置きしています。

炭酸水だけだとお腹がタプタプなるし飽きるのと、単純に美味しいので飲んでます。

カフェイン入ってないから寝る前にも飲みます。

糖質を控えるとなると水やお茶・コーヒーを飲む時が増えると思うので、美味しいと思える無糖飲料は探しておくとよいです。

シュガーカット1Kg

やっとロカボらしい商品が出てきてよかった(笑)

ラカントSのほうが人気かなーと思うのですが、コスパでこちらのものを使っています。とにかく甘い。前の記事にも書いたけど普通の砂糖の3倍甘い、赤い彗星のアレみたいなやつです。

Amazonだと多少安いけど、それでも1Kg約3,400円。

砂糖3Kgと比べてもバカ高い。

でもこういった甘味料がないと調理のときに困るし、これがあれば甘いお菓子も手作りして食べられる。そんな凝ったものは作らないですよ。パンケーキとかゼリーとか。

ホットミルクに少し入れて飲んだりするだけでも、ロカボ初期にありがちな「甘いもの欲」みたいなのを抑えられるので、必要経費だと思って買ってます。

人工甘味料だから賛否はあるかもしれませんが、個人的にはあんまり気にしてないです。ただ使いすぎるとお腹が緩くなる。気をつけてね!

プロテインバー

何か作るのは面倒だけど、ちょっとつまみたいなぁ、というときに必要なら。

こちらは種類の豊富なiherbのほうが、お値段的にもおすすめです。

私の味的な一押しはアトキンスエンダルジ。

特にチョコレートキャラメルムースバーが美味しかったです。

アトキンスチョコレートキャラメルムースバー

難点はひと箱に5本しか入っていないことと、一本が小さいことかな…。

でも甘いから、甘いもの欲は満足させられる感じです。

また、大豆粉を使って手作りのバーを作ることもできます(下の動画がとても参考になります!)

バター

個人的には有塩バターのほうがおいしい気がしますが、お好みで。

わが家では、夫がバターコーヒーに凝っていた時期があり、その時にAmazonで買ったグラスフェッドバターをずーっと使い続けています。

Amazonはなんでもお手頃で売ってるので、わが家はすっかり密林住民ですよ。

ちなみにこれね↓参考までに。

使うぶんだけバターケースに切り分けて、あとは冷凍保存してます。

でも、こんなの買う必要ないかなぁと思います← 

このバター自体は質の良いものなだけあり、美味しいうえに胃にもたれる感じがなくて良いのですが、無塩なのですよね…。

私自身は有塩バターのほうが使いやすい気がしているのでスーパーで有塩バターも買ってます。ここら辺はほんとにお好みでいいと思います。

オリーブオイル、ごま油、ココナッツオイル

わが家のオイル系は上記のバターとこれら三種のオイルだけです。

サラダ油やマーガリンを買ったことは結婚する前からほぼなし(私のこだわりなだけなのですが…)。

これ以外にも、ラードなんかは酸化しにくく、揚げ物を作るときなどには適しているのだそうです。とにかく「天然のもの」だったら大丈夫らしい。

昔は、ラードやバターは常温でも固形だから、体内に入っても血管に詰まりやすい!とか言われてましたよね~。

最近になって、摂取するコレステロールの量と体内のコレステロールの量には相関関係がないことが明らかになったそうです。

トランス脂肪酸って呼ばれるのだけは避けたほうがいいらしいですけど、適当でいいとおもう←

常識って変わるじゃん?

ツナ缶、サバ缶

カパッと開ければすぐ食べられるロカボ食。とくにツナはお肉代わりに色んな料理に加えて使えるので便利だね。

サバ缶も常備。うちでは水煮缶買ってる。あとからみそ味付けたりも自在だし、常識の枠を取り払うと結構色んなもんに使える。

サバ缶、実はツナと全く同じ使い方ができるんじゃ?と思ってるんだけど、あんまり珍しすぎる料理を出すと子供が食べてくれない…。ママは悲しいぞ!

お米に混ぜると低糖質になるやつ

マンナンなんとかっていう小袋のもので、お米を炊くときに一緒に炊くとロカボに近づくっていうやつ。

これがあると、豚丼とかアボカドサーモン丼とかも食べられるので便利。ご飯が好きすぎる人がお米を減らす過程で使うのもいいと思います。

週に何回か買いに行くロカボ食材

日持ちのしないものや使う頻度が激しいものは、週に1~数回、近所のスーパーに買いに行ってます。そういったものをご紹介します。

鶏肉

わが家では鶏むね肉がスタンダードです。理由は

  • 安い
  • イミダペプチドが摂取できる

という2点。

肉食がわりと中心になりがちなロカボ生活では、安いお肉はたいへん貴重。

焼いたり炒めたり煮込み料理に使ったりしています。

また、鶏むね肉に多く含まれるイミダペプチドは、最近の研究で「最も効果的に疲労を回復する物質」として取り上げられています(興味のある方はググってみてね!)。

安いのに疲れが取れるとか最強やん。買って損なし!

豚肉(国産)

これも安いやつを狙って買います!

その日にスーパーで一番安いやつなら、小間切れでも切り落としでも関係なく買ってしまいます。

なにげに小間切れとか切り落としって、細かいから切る手間が省けていいんだよね(生粋のズボラ的発言)。

ただし、私はなぜか豚肉のにおいに敏感で、海外産の豚肉は好ましくないにおいがして食べられないので国産に限っています。ここは個人的な好みなんで、海外産でも平気な人は買うよろし。安いしな!

肉類は下味をつけて冷凍しておくと便利だよーこちらの記事も参考にしてね。

ザ・プロテイン食材。

主菜も副菜も張れる天才(←なんかちょっとラップっぽい)。

たいてい2パック買ってきて、6個は茹でておきます。茹でたのはお腹が空いたときにマヨネーズとか付けて、1週間くらいで食べ切るかんじ。なくなったらまた茹でる。

基本、ゆで卵とチーズをぼちぼちつまんで、それでも足りなければナッツ、プロテインバーを食べます。

色んな味のベビーチーズ

なんか、四角くて4つ1パックのアレね。常時5~6パックは買って常備してます。

色んな味があるので、飽きないようにいろいろ揃えとくといいですよ。毎日1パック消費する勢いで食べて大丈夫、ただし30回噛みましょう。やらかいけど噛んでください(←大切)

個人的にはまったりとした味わいのモッツアレラ入り、クリームチーズ入りが大好きです。

油揚げ

「平べったい炭水化物」と思って調理に活かすと◎です。

上に具を乗せてピザにしたり、袋状に開いて焼いたものに具(ツナマヨ、納豆、ひき肉など)を詰めて食べたり。

焼いて食べるだけでも美味いですし、カレーの時にナン代わりに食べるのもよかったです。まあ、明らかにナンではない味なんだけど(笑)

豆腐

油揚げに引き続き植物性たんぱく質が摂れる大豆製品。やっこで食べたりみそ汁に入れたり、お好み焼きの時に粉を減らして豆腐を入れると低糖質でふわふわに焼けるらしい(これはやったことないです。ごめんね)。

ちょっと食卓に一品欲しいな~ってときに便利なので、最近はスーパーに行くとうまい豆腐探索がちょっとした楽しみ。

かいわれ

マジでなんとなく。

なんとなくスプラウトとかに形が似てるし、栄養ありそうだから(本当にあるのかは分からん)

でも買っておくと、なんだかんだサラダにしてみたり豆腐の上とかに乗せてみたり、肉の付け合わせなどにして使う。

ピリッとする味も好きだ。

まぁなんか、ここら辺はスプラウトでもいいんじゃないでしょうか。うちはスプラウトより安いからカイワレだけど(せこい)

たまにスプラウトも買う。でも刺激が足りない…。

冷凍野菜(枝豆、ほうれん草、ブロッコリーなど)

枝豆はいちおし(タンパク質的に)。ニンニクと唐辛子、オリーブオイルで炒めてペペロンチーノにするとマジでうまい!お酒を飲む人のおつまみにもいいよ!塩気もすでに付いてるから色々話が早くていいわあ。

ほうれん草、ブロッコリーもちょっと緑が足りないときに便利すぎる。付け合わせ程度に使うのにちょうどいいのと、特にブロッコリーは冷凍のほうが生より安いときがある。

でも、茹でたても捨てがたいから、そこは臨機応変にお願いいたします。

結論:ロカボの食材はおかずorつまみ感覚で選ぶ

大抵の場合、おかずだけにすればロカボになります

パスタなどは糖質0とか低糖質のものを選ぶって手もありますが、それは面倒なのでチートデーを週に1回~2回作って、普通に食べたらいいと思います。

なるべく生活を変えずになじませるのがロカボを続けるコツだと思います。

日ごろはご飯抜き、お米と一緒に炊くと低糖質になるやつを使ったりとか、鍋などご飯なくてもお腹がふくれるものを食べる、事前にチーズやゆで卵をつまむ、炭酸水を飲むなど、自然に取り入れられるものを取り入れてみてください。

で、チートデーも楽しむ。

そんな感じでとにかく続けることを意識しましょう。

また役立ちそうなことがあったら投稿しますね。


ロカボ
クボタマユミをフォローする
てまなしぐらし。
タイトルとURLをコピーしました