時短で掃除したかったらゴミなんか気にせず水拭きしろ

モップ時短そうじ・片付け
この記事は約6分で読めます。

今日は床を水拭きしました。最新式のツールを導入した(言い過ぎ


3M フロアモップ マイクロファイバー スコッチブライト FM-B

このフロアモップ、マジックテープ式なので専用のシートじゃないとダメなんだけど、それを補って余りある良さだぜ!!


今日は、このモップの良さを解説もするけど、とりあえず水拭きしたかったらしたらいい。ゴミを取ってからとかいいから!ということについて熱く語りたいと思います。

時短家事をかなえたいなら常識を疑う。そう、掃除もね。

なんだろうこの既視感…どこかで見た文章だが思い出せない鶏頭。だがしかし、鶏頭だからこそ常識に囚われない発想ができるんじゃないかってちょっと言ってみただけなんだけどな、とりあえず聞いてくれよ。

  • 水拭きするなら先にゴミを取らないと、雑巾が汚れてできない
  • 水拭きするなら先に片づけないと、そもそも床が見えないからできない

↑これは違うぞ!めっちゃでかい声で叫びたい!!違うぞ!!

違うということを証明するのは簡単だ。さあ、雑巾とかモップとか持ってきて拭いてみるのだ。そこに床があり、物理的に動かすのが無理なものが置いていないなら拭けるはずなんだ。

ゴミは雑巾にくっつくかもしれないけど、そもそも雑巾は拭いて汚れを移しとるためにあるのだよ。

いまどき雑巾は100均で安く売っているから、「洗うのが面倒」というなら捨ててください。

床の可視率は拭きながら広げてください(ワイルド系主婦の助言)。

大丈夫!放置してる時点でそんな大事なもんはないと思うよ(逆に言うと大事なものだけは拾っておいてね…)!

私のおすすめはマイクロファイバーです。私は水拭きをしたい場合はゴミがあってもなくてもやっちまいますが、マイクロファイバーはすすぐだけで汚れもゴミもするっと取れちゃうんですよ。だから、先に掃除機かけないと…ということで悩まずに拭いちゃえる。

悩むと疲れるじゃん?ワイ悩むとすぐ疲れるわ~←鶏頭

ちなみに、今回一番はじめに紹介したスコッチブライトの専用パッドもマイクロファイバーなので、乾いたままでも水で濡らしても使えます。

使い捨てのモノって便利なものと不便なものとあって、私の場合はいつでも使いたいときにモップを使いたいので、洗って繰り返し使える(在庫の心配が要らない)、さらに濡らしても乾燥してても使えるスコッチブライトのモップはとても使い勝手が良かったです。

ゴミが落ちてようが平気で水拭きしちゃうので、というか、なんかゴロゴロしてようがなぎ倒していくので(ワイルド系の極み)ゴミとかシールとか謎の粒とか色々わけわからん物がくっ付きます。

パッドで取り切れないでかいゴミは、一か所にまとめてティッシュでつまんで捨てます。

さすがにシールとかは流すと排水口に詰まってしまうし、わが家には猫が2頭(うち1頭は長毛種)いるので猫の毛とかもモサモサ付くので、そういうのもティッシュで取ります。

(ティッシュって使えるな…と今思った)

一方向に向かって撫でるようにすると、ゴミがまとまって取れやすいです。

あとはざーっと水洗いします。ゴミを取って水洗いするのは水拭き・乾拭き関係なくですが、スコッチブライトはすごく汚れが落ちやすいから助かる。多分毛足の長さが絶妙なんだと思う。これ、Amazonでも評価高いので見てみてください。

ベランダの時短掃除もスコッチブライトのモップならできます

ベランダ掃除や窓ふきは冬に「大掃除」の一環としてやる人が多いかと思いますが、冬は寒いしつらいので、気候がいいうちにやっちゃった方がラクです。

わが家のベランダは、ちょっとデコボコのある質感の床で、そのデコボコのすき間に汚れが溜まっちゃうんですね。↓

ベランダの床

わかるかなぁ…。ジャリジャリというかザラザラというか。上の画像の左上のほう、すでに汚れが侵略してるの分かりますかね(´・ω・`)

いろいろ試した結果、わが家のようなベランダの床材はデッキブラシのようなものより布巾っぽいもののほうがしっかり汚れが落ちるということが判明したため、しばらくはマイクロファイバー布巾片手に腰をかがめてやってたんですが、とっても疲れます。痩せそうだけど…痩せる前に腰痛が酷くなって最悪死にます。

腰痛持ちの人になら分かってもらえるかな。ガチにやばい状態の腰痛になると、立っても座っても、なんなら寝ててもツライ…(泣)

でも今回スコッチブライト買ったんで、さっそくベランダ掃除してみました!

  • バケツに水を一杯
  • パッドを装着したフロアモップ

で準備はOK。水の中にモップを突っ込み、水分を含ませたパッドでごしごしします。

ときどき水にくぐらせつつ、同じ作業を繰り返します。

わが家のベランダには端っこに溝があり雨どいに続いているので、そこもごしごしして、最後にモップからパッドを外し、雨どいのゴミ受けのゴミをパッドで拭い取って終了。

それぞれの家でベランダの材質や構造が違うのではっきりとは言えませんが、デッキブラシでごしごしor雑巾でごしごしするよりは腰にこないのは確かです。

腰痛持ちの鶏頭で結婚できたんだから人生はわからない(遠い目)

時短で掃除したいけどできないとき、「自分は何がイヤか」考える

人によって理由はさまざまあると思います。

服が脱ぎ散らかしてあって掃除できないとか、本が積んであって…とかあると思うんです。

それでも拭き掃除がしたい!とかゆう瞬間があったりすると思います。

なら、一度やってみたらいいと思うのです。始めも言ったけど、濡れ布巾やフロアモップがあれば床は拭けます。

拭けないって思ってるのは自分の思い込みだったり、常識的思い込みだったりすることが多いです。それがダメだと言いたいのではなくて、やり方は色々あるということが言いたい。考え方はいろいろあると言ってもいい。

例えば脱ぎ散らかした服、床にある時点で床のゴミを代わりにかぶっているはず。ならば、濡れたモップで脇に押しやったとして、たいして汚れ具合に変わりはないのです

例えばその本、水拭きしてて濡れたとして、本当に困るほど大切ですか?再度買えないほど貴重なものですか?端っこ濡れたらもう読めませんか?

先に水拭きして、後から洗濯かごに服を持ってく、本を片付けるってやりかたもあるって知るだけでも世界は広がります。

なぎ倒したらやばい(観葉植物とか土がこぼれたらやばいものとか、陶器とか)もの以外はなぎ倒して、あとから直してもいい。

米津玄師も「アンビリーバーズ」で歌ってます。どんな場所に辿り着こうとゲラゲラ笑ってやろうぜってね(ちょっと何が言いたいのかわからなくなってきましたwとりあえず米津玄師いいよね)!

自分が何をしたくて、でもできないのはなんで?他にやる方法は?

こういうことを一つ一つ、問い直していきながら自分なりの家事のしくみを作っていってください。

失敗ではない。成功しない方法を一つ発見しただけだ。

エジソン の言葉

時短そうじ・片付け
クボタマユミをフォローする
てまなしぐらし。
タイトルとURLをコピーしました