キッチンの床を食器洗い洗剤とナイロンたわしで洗ってみた。(そうじ前後の画像付き)

床時短そうじ・片付け
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、マユミです。最近お仕事の執筆ペースを上げているため、毎日PCを立ち上げているお陰でブログも書けています。

なにしろPC立ち上げるのが面倒だよね…。しかも勝手にスリープとか言って、画面が暗くなってるんですよ。しかも、そこから起こすために再度パスワードまで要求しやがって意味が分かりませんよ!!


自分で寝たら自分で起きる、これが世界の常識だろう!?

まあまあそんなうちのポンコツパソコンのことは放っておいて、表題にもありますように

キッチンの床を洗剤とナイロンで洗浄してみた。

でも、あんまり変わってない気がして悲しいので、洗浄前後の床を見てください。

というお話を中心にしていきたいのです。

家事えもんがやってた「キッチンの床の洗剤洗い」

あの芸人なのに家事も得意なハイブリッドの家事えもんさんが、

「キッチンの床は油がはねるので、食器洗い用洗剤とナイロンタオルでこすり洗いするときれいになる!」

ってやってたのです。

それで、私も家にあるナイロン製のたわしと食器洗い洗剤で真似してみました。

うちのナイロンたわしは「ズビズバサラッシュ」ってやつです。油汚れの酷いところを磨くのに使ってます。

よく汚れが落ちるのと、たわし自体にも汚れがあんまりこびり付かずにサッと流せて、水切れもよいので気に入ってます。

食器洗い洗剤は、近所のスーパーのPB商品です。

洗剤洗い前後のキッチン床の状態がよく分からない(確認希望)

まず、汚れ落とし前のキッチンの床の状態です。

人が行き来するところはあんまり汚れてないですね。

ガス台の真下辺り(写真左上)は汚れてます。こんな所にまで油がはねるんでしょうか…

さて、ズビズバサラッシュを水で濡らし、食器洗い洗剤を少量(ワンプッシュ程度)付けて、床を磨いていくんですがやらかしましたww

自分に近いところから何も考えず磨いてしまったので、遠くが届かないという事案が発生(笑)仕方なく、手前のほうを先にウエスで拭き取って、改めて奥のほうから磨いていきました。

皆さんはお気をつけて下さいましね。

で、磨いたのち硬く絞ったウエスで清め拭きをして、ついでにそこらへんの埃もササーっと拭いて(←ついで仕事が好き)、出来上がった?床がこちらです。

こんな感じ!あんまり変わってなくない…?

あっ、でもこうやって並べると、けっこうキレイになってない?

特に左上のエリアは見違えてる!嬉しい!

手前の点々と残っているやつはなんだ?と思って今見てみたら、

  • 床の傷・凹み
  • 汚れがこびりついてカチカチになったやつ

の二種類でした。

床の凹みは仕方ないとして、こびり付き汚れも落とせるように洗剤を工夫したら、もっとキレイになる気がする。ナイロンタオルを使うのもミソなのかな??

ちょっと、手ごたえを感じたので自分なりに改良してみたい。

キッチンの床を洗剤でこするなんて大変じゃないの?

うんうん、洗剤を使って洗うと、水で流すか清め拭きをしなきゃいけないから面倒じゃね?って思うのわかる!

これに関しては、全然苦じゃなかったです。

苦じゃない理由1:空間が小さい

まず、「キッチンの床」という小さな空間に区切っておこなっているので、磨くのも水拭きするのもそこまで大変じゃないっていうのが挙げられます。

逆に広い空間を一気にやろうとすると一気に大変になるので、例えばリビングやダイニングなんかの床掃除をする場合は小分けにする、汚れが気になる箇所だけやる、という工夫ができると思います。

苦じゃない理由2:使い捨てのウエスを活用する

洗剤で磨いた後に普通の雑巾や布巾を使うと、落ちていた髪の毛や埃汚れが雑巾にひっつくのですすぎが大変。

なので適当なサイズに切ったウエスを濡らして、拭いた後は使い捨てにしました。

ウエスは綿素材のもので作るとしっかり拭けます。また、最近よくある絞って使えるペーパータオルを半分とか4分の1程度に切って、使い捨てにしてもいいかと思います。

普通のペーパータオルだと、水拭きには少し強度が足りないです。

苦じゃない理由3:床の上にものを置かない

いくらキッチンが狭くても、床のあちこちに色んなものが置いてあると、どかしながら作業をしなくてはいけません。

それに、洗剤が付いたら困るものもあるかもしれませんよね?

広いスペースでも、何も置いていない状態なら、床全体を洗剤洗いしてもそこまで大変じゃありません。サーッと行って戻るだけの動作になるので楽なんです。

それに、床にものを置きっぱなしすると埃をかぶってしまい、それ自体も拭いたりなどしないと汚れてしまいます。それを見てみぬふりをするうちに、そこから床のほうまで汚れが侵食して…というのはすごくよくあるパターンです。

床にはできるだけものを置かない、これ鉄則です!

ガス台そばの床は拭きごたえあり!特別な道具もいらないので、たまのメンテに最適でした

なんか、せっかく洗剤使って磨いたのにあんまりキレイになってない…というのは幻だったことが分かってすごく嬉しいです(笑)

調理台のすぐ下、とくにガス台の真下付近は、ギトギトした油に埃が混ざってるのが取れてるのが目視で分かるくらいでした。

(だから全体画像ももっとキレイ感が出ていてほしかったのです。。)

家にある食器洗いの洗剤と、使い古しのスポンジ、またはナイロンタオル、そして仕上げ拭き用の布があれば手軽にできるので、まずは試してみてくださいね。

私も、汚れが目に付いたらまたやろう~と思ってます!アルカリウォッシュや重曹を使ってもいいかもしれないですよね。

色々試してみようと思います(*^-^*)


時短そうじ・片付け
クボタマユミをフォローする
てまなしぐらし。
タイトルとURLをコピーしました